自毛植毛手術を受けるタイミング

自毛植毛をするタイミングはいつにするか?

実はこれは多くの人が悩むポイントだそうです。

急に髪の毛が増えたら不審がられるだろうな、と思うと躊躇してしまいます。

しかし、安心していただきたいのでは、植毛と言っても、手術したらかつらのように急に増えたりはしないという事です。

植毛で植える毛は数㎜のごく短いモノです。数にしても1,000-2,000株の植毛とすると、2,000-5,000本くらい本数です。

それくらいでは急には増えません。

さらに、私もそうでしたが、植えた毛は一度抜けてしまいます。全員が全員そうなるわけではないとのことですが、そういう現象が起きます。

そのため、余計に、増えたのかどうかわかりにくいのです。

 

ただ、ややこしいのは、かつらをつけている人の場合です。

説明した通り、植毛してもいきなり増えたりはしないので、植毛手術後、いきなりかつらを脱いでしまうと、急に薄くなったように見えてしまい、今までかぶっていたことがバレバレになってしまうからです。

そこで、私のとった作戦は、「かつらをしばらくかぶる」、です。

大体植毛した毛がまた生えてきて、伸びて、そこそこ増えたなと思えるまでかつらをかぶっておくのです。

しかも、かつらも2種類の長さのものを用意して、3か月ごとに、ちょっとずつ薄くなったものにかぶり変えていました。

そして、8か月目でかつらを脱ぎました。

実際、周りの人は気づいたのかもしれませんが、家族からは全く違和感がないと言われましたので、そこそこ成功だったのではないかと思っています。

 

ちなみに、他の人は、転職を機に、かつらを脱いだりする人もいるとか。さすがに、脱ぐために転職する人はいないと思いますが、そうした環境変化があるなら利用するのは賢いですね。

 

自毛植毛にしてよかったこと

かつらをつけた事のある人なら分かると思いますが、自毛植毛にすると、かつらによって受けていたストレス、苦しみ、心配から解き放たれます。

その快適さと言ったらありません。なぜ、さっさと植毛しなかったんだろう、と激しく後悔しました。

 

強風でも風呂でもズレない!

かつらをつけている時に心配なのは、ズレたり、外れたりしないか?ということです。そのため、風や水には敏感になります。

例えば、風は、台風などの強風の時には外に出ないようにするのはもちろんですが、海岸など誰もが楽しみにする場所も避けなければいけません。皆さんはそれほど感じないかもしれませんが、海岸の風は非常に強いんです。

そのため、小さいころから好きだった釣りは、かつらを装着するようになってからは行けなくなりました。

電車のホームも要注意。電車が入ってくる時の風は要注意です。それは地下鉄でも同じ。地下鉄でもホームに降りていく階段なども非常に危ないエリアですね。

そして、水。他人と風呂に入れなくなります。かつらでも編み込みタイプや接着タイプなら入れますが、私のはクリップで固定するタイプなので、お風呂で洗髪することができません。そのため外す必要があるんです。

もちろん、プールもダメですね。先ほど海には行けない、と言いましたが、プールも髪を濡らさなければ良いんですが、万一濡れたらどうしよう、と気が気ではなくなってしまうので、全然楽しめないんです。

それが自毛植毛にしたら、すべての不安がなくなりました。

植えたのは毛ではなく、毛穴の組織です。なので、毛が抜けても抜けても生えてくるんです。自分の毛です。

自毛植毛にしてあまりに開放感がすごかったので、逆にどれだけ強いストレスだったんだろう、と改めてかつらのしんどさを痛感しました。

 

生え際を隠さなくて良い!

かつらで最も不自然さが出るのは生え際です。どうしても、かぶると隙間ができてしまうんですね。芸能人の方でもかつら疑惑のある人は、その生え際の不自然さを指摘されていると思います。

しかし、現在のかつらの技術はすごくて、みなさんもテレビCMで見たことがあると思いますが、まるでそこから毛が生えているかのように皮膚に接着するタイプのかつらがあります。

これですと、生え際もぴったりとくっついていますので、まず、かつらだとは分かりません。

しかし!この接着タイプのかつらにもデメリットがあります。それは、金がかかる事。普通のかつらならちゃんと手入れをすれば2-3年使うことができますが、接着タイプのものは基本、ずっと張り付けていますので、劣化が早く、モノによっては2-3週間でダメになってしまいます。つまり、下手をすると年間で何十回個も買う必要がある訳です。カネがかかるんです。

さらに、ずっとつけている訳ですから気持ち悪さがあります。やはり、お風呂くらいはすっきりしたいですからね。

という事で、私はクリップで固定するタイプを使っているので、”生え際問題”が依然として残っていたわけです。

自毛植毛にすれば、そんな心配はいりません。毛が生えているのはもちろん、生え際には細い産毛のようなものを植毛するこだわりようですので、本当に自然です。

 

メンテナンスが要らない!

クリップ式のかつらの場合、お風呂に入る時は脱ぎます。そして頭を洗うのと共に、かつらも洗浄するんです。

1日中つけているわけですから、汗や皮脂がかつらの側についてしまいます。そのまま放っておくと、においやカビの原因となり、丁寧に手入れをすれば2-3年持つ桂も1年も持たない!なんてこともあり得るのです。

ということで、私は頭と同様、かつらも毎日洗っていたのですが、意外と面倒なんですよね。

私は万全を期して、かつら専用のシャンプーを使っていたので、お金もかかりました。

今では、自分の頭を洗うだけです。手間もお金もかかりません。

もちろん手術代は100万円以上かかりましたが、今までかつらに使ってきたお金と手間を考えたら、カンタンに元が取れています。

 

アイランドタワークリニックでの植毛手術後の経過

自毛植毛手術の当日は、1日会社を休んで挑みました。

午前中にアイランドタワークリニックに入り、担当医との打ち合わせを経ていよいよ施術開始です。

まず初めに、私の後頭部から自毛を毛根ごと抜く作業をおこないました。

チクチクとした感覚はあるものの痛く感じるほどでもなく、作業は滞りなく進められました。

それが終わると、自毛を移植する作業へと移ります。

こちらも全く痛みはなく、むしろ髪の寂しかった部分に毛が植え込まれている感じがしっかりとあり、期待が膨らみました。

全ての工程が終わるころには日が暮れていましたが、半日ほどで自毛植毛は終了。

翌日は何事もなく出社できたので、大変助かりました。

施術後、鏡で頭を見てみると、そこには痛々しい術後の頭皮があらわになっていました。

頭皮には血がにじんでいる部分もあり大分イメージと違った感じがしましたが、これはカウンセリング時に聞いていた話でしたので、すぐに納得。

この後、施術箇所はかさぶたができ、2週間も経つ頃には綺麗な頭皮に戻りました。

そして施術後には必ずおこると言われるショックロス、こちらも事前の話通り、私も一度髪が抜けた状態になりました。

しかしこれは一時的な事で、毛根ごと移植している自毛植毛はその後自分の髪の毛が生えてくるようになります。

実際、私も毛が抜けてから1カ月後には移植部分の頭皮から短い毛が生えてきていました。

あれから2年が経とうとしていますが、植毛前にイメージしていた通りの髪が現実となっています。

一見ハードルが高そうな自毛植毛ですが、一度おこなえば髪の悩みから解放されるんです。

私もあんなに悩んでいたカツラからも解き放たれ、以前よりもずっと明るい生活が送れるようになりました。

あの時、本当に自毛植毛と出会えて良かったと心から思います。

一番ネックだった植毛費用

カウンセリングの際には、施術費用の話もしていただきました。

実は自毛植毛の評判を調べていた時から施術費用はネックになっていて、どこの病院の金額を見ても自分が考えるよりはるかに高額なイメージがあったのです。

実際、カウンセラーの方から提案された費用も予算とはかけ離れた金額でした。

私の場合はかなり薄毛が進行していたので、地肌が目立たないよう自毛植毛するとなると2500株程の植毛が必要となりました。

2500株の植毛費用と基本治療費を合わせたところ、なんと300万円超えの見積もりが。

さすがにこの金額を提示された時には参りましたね。

なんせ予算の2倍近い金額でしたのですぐに判断する事はできず、一瞬このままカツラでいいかなと思ったほどです。

そんな雰囲気を察したのか、カウンセラーの方に医療ローンをすすめて頂きました。

アイランドタワークリニックでは医療ローンの申し込みが可能で、分割が最大84回まで選べるとの事。

この医療ローンを使えば、私の施術費用は月々3万円代の返済で済む計算です。

当時用意していた予算分を頭金に使えるという事だったので、結果的に月2万円弱の返済ローンを組むことにしました。

カツラ使用者なら分かると思いますが、カツラもメンテナンスや買い替えなどを考えると、だいたい月に1万円から2万円程度の維持費がかかるんですよ。

そんなカツラの費用と比べても、長い目でみれば自毛植毛の方が費用面もストレス面も格段に勝るという結論に至りました。

こうして最大の問題であった費用も、ローンという形ではありますが何とかクリアしていったのです。

アイランドタワークリニックでのカウンセリング

インターネットで無料カウンセリングの申し込みをおこない、期待半分、不安半分で待っていたところ、後日折り返しの電話が来ました。

第一印象は、とても丁寧な対応だなという感じでしたね。

カウンセリングの予約日もこちらの希望を聞いてくれたりと、すごく親切な対応だったことから、安心して話をする事ができました。

そして迎えたカウンセリング当日、期待を胸にクリニックへ行きました。

まず、アイランドタワークリニックへは駅から徒歩3分ほどで着きましたので、通いやすいなと思いました。

また西新宿駅に直結していますから、雨に濡れる心配もないのが自分的には嬉しかったですね。

クリニック自体も清潔感のある綺麗な空間でとても好印象でしたし、なにより他の患者と顔を合わせない作りやスケジューリングになっているのが驚きました。

まさかそんな所まで配慮しているなんて思っていなかったので、ここで一気に信頼感が出たのを覚えています。

実際、カウンセリングも丁寧におこなわれていきました。

カウンセリングでは自毛植毛の仕組みやメカニズムなどを、実際に施術した方の画像を元に順を追って説明して下さりとても分かりやすかったです。

また使用する器具も見せて頂き、施術の際の痛みなど患者が知りたい事もしっかり伝えてくれていたと思います。

説明を聞いて、やはり自毛植毛は自分の髪が生えアフターケアも特別な事は必要ない事も理解できました。

髪の毛があった頃のような生活が送れる事が分かり、約2時間弱のカウンセリングが終わるころには自毛植毛の決意がかたまっていました。

自毛植毛病院探し

カツラをしている生活に疲れ、アイランドタワークリニックの記事をきっかけに病院での治療に興味を持ちました。そこで、私が次に行動したのは病院探しです。

それまでの人生でマジメに薄毛治療を病院で行う事を考えたことがなかったので、非常に限られた医療施設でのみ受けられる手術なんだろうと思っていました。ところが、意外にも植毛をおこなっている病院が多い。

近所で探しても皮膚科だったり精神科だったり、整形外科でもやっていました。それ以外にも、美容外科だったり、植毛専門病院というのも。

しかも、それぞれの病院によって受けられる治療方法が違います。ますます、こんがらがってきました。

今考えるとこの病院探しが一番苦労しましたね。

でも、どうやらAGAクリニックというのが自分には合っているんじゃないかという結論に至りました。

私のような薄毛や抜け毛の悩みを専門に扱う病院だったので、一般的な医療機関に通うより単純に効果が高いかもしれないと考えたからです。

それに、同じような悩みを持つ患者だけなら、待合室などで顔を合わせても恥ずかしくないとも思いました。

そんなAGA病院の口コミを調べていた時に気になったのが、自毛植毛というものです。

てっきり植毛は人口の毛を植えるのだとばかり思っていたのですが、最近では自分の毛を植毛に使うのが主流なんだそうです。

そして、自毛植毛の記事を色々と調べてみると、人口毛植毛と違い感染症や拒否反応が少ない事。また毛根組織ごと移植するため、定着後に髪が生えたり増える事が分かりました。

これなら見た目も自然だろうし、多少金額が高くても髪が生えるならという事で、自毛植毛をおこなっているAGAクリニックに絞り込んで病院を探しました。

人気のある病院をリサーチした結果、アイランドタワークリニック、ヨコ美クリニックアスク井上クリニックの3つで迷いました。

どこも魅力的ではありましたが、最終的には業界最大手と言われているアイランドタワークリニックに決め、勇気を出してカウンセリングの申し込みをしました。

今までのかつら人生

私はつい2年ほど前まで、10年近くのカツラ生活を送っていました。

30代に入る頃から髪が細くなってきたのに気付いたのですが、まさか自分が30代で禿げるとは思っていなかったので、特に対策などはしていなかったんです。

それがみるみるうちに毛の抜ける量が増えてきて、地肌が見えるようになるまでにそう時間はかからなかったと思います。

それからはもう髪の毛の事ばかり考えるようになっていて、色んな育毛剤を試しては落ち込みを繰り返していました。

あの当時は、どうしたら髪が生えてくるかに躍起になっていましたね。

地肌が見えるようになるにつれて、人の目もだんだんと気にするようになっていました。

会社で仕事をしていても自分が禿げている事がとても気になり、気づけば人と会うのがとても苦痛になっていったんです。

なので、思い切ってカツラを着用するようになったのですが、カツラ生活にも悩みはありました。

まず海や川などのアウトドアには全く行かなくなりましたし、大好きだった温泉からも足が遠のいていきました。

とにかく水の心配がある所には行けなくなりましたし、雨の日なんかは憂鬱でしかたなかったですね。

特にストレスだったのは、カツラだとばれているんじゃないかと疑心暗鬼になっていた事です。

結局、カツラをしていても人目に晒されている感覚は無くならず、でもカツラをとる勇気もないままずるずると10年が経っていました。

そんな日々を送っていた時に、ふとアイランドタワークリニックの自毛植毛の記事を目にしました。

植毛技術で自然な生え際が可能とか、そのような事が書かれていたと思います。

それまで自毛植毛のことは聞いたことはありましたが、ネガティブな印象ばかりで本気でやろうとは考えていませんでしたが、カツラがこんなにストレスになるならと、その時思いきって自毛植毛しようと決意したんです。