自毛植毛にしてよかったこと

かつらをつけた事のある人なら分かると思いますが、自毛植毛にすると、かつらによって受けていたストレス、苦しみ、心配から解き放たれます。

その快適さと言ったらありません。なぜ、さっさと植毛しなかったんだろう、と激しく後悔しました。

 

強風でも風呂でもズレない!

かつらをつけている時に心配なのは、ズレたり、外れたりしないか?ということです。そのため、風や水には敏感になります。

例えば、風は、台風などの強風の時には外に出ないようにするのはもちろんですが、海岸など誰もが楽しみにする場所も避けなければいけません。皆さんはそれほど感じないかもしれませんが、海岸の風は非常に強いんです。

そのため、小さいころから好きだった釣りは、かつらを装着するようになってからは行けなくなりました。

電車のホームも要注意。電車が入ってくる時の風は要注意です。それは地下鉄でも同じ。地下鉄でもホームに降りていく階段なども非常に危ないエリアですね。

そして、水。他人と風呂に入れなくなります。かつらでも編み込みタイプや接着タイプなら入れますが、私のはクリップで固定するタイプなので、お風呂で洗髪することができません。そのため外す必要があるんです。

もちろん、プールもダメですね。先ほど海には行けない、と言いましたが、プールも髪を濡らさなければ良いんですが、万一濡れたらどうしよう、と気が気ではなくなってしまうので、全然楽しめないんです。

それが自毛植毛にしたら、すべての不安がなくなりました。

植えたのは毛ではなく、毛穴の組織です。なので、毛が抜けても抜けても生えてくるんです。自分の毛です。

自毛植毛にしてあまりに開放感がすごかったので、逆にどれだけ強いストレスだったんだろう、と改めてかつらのしんどさを痛感しました。

 

生え際を隠さなくて良い!

かつらで最も不自然さが出るのは生え際です。どうしても、かぶると隙間ができてしまうんですね。芸能人の方でもかつら疑惑のある人は、その生え際の不自然さを指摘されていると思います。

しかし、現在のかつらの技術はすごくて、みなさんもテレビCMで見たことがあると思いますが、まるでそこから毛が生えているかのように皮膚に接着するタイプのかつらがあります。

これですと、生え際もぴったりとくっついていますので、まず、かつらだとは分かりません。

しかし!この接着タイプのかつらにもデメリットがあります。それは、金がかかる事。普通のかつらならちゃんと手入れをすれば2-3年使うことができますが、接着タイプのものは基本、ずっと張り付けていますので、劣化が早く、モノによっては2-3週間でダメになってしまいます。つまり、下手をすると年間で何十回個も買う必要がある訳です。カネがかかるんです。

さらに、ずっとつけている訳ですから気持ち悪さがあります。やはり、お風呂くらいはすっきりしたいですからね。

という事で、私はクリップで固定するタイプを使っているので、”生え際問題”が依然として残っていたわけです。

自毛植毛にすれば、そんな心配はいりません。毛が生えているのはもちろん、生え際には細い産毛のようなものを植毛するこだわりようですので、本当に自然です。

 

メンテナンスが要らない!

クリップ式のかつらの場合、お風呂に入る時は脱ぎます。そして頭を洗うのと共に、かつらも洗浄するんです。

1日中つけているわけですから、汗や皮脂がかつらの側についてしまいます。そのまま放っておくと、においやカビの原因となり、丁寧に手入れをすれば2-3年持つ桂も1年も持たない!なんてこともあり得るのです。

ということで、私は頭と同様、かつらも毎日洗っていたのですが、意外と面倒なんですよね。

私は万全を期して、かつら専用のシャンプーを使っていたので、お金もかかりました。

今では、自分の頭を洗うだけです。手間もお金もかかりません。

もちろん手術代は100万円以上かかりましたが、今までかつらに使ってきたお金と手間を考えたら、カンタンに元が取れています。